おイベントの役目部署にアメイジング豪雨男性が転換してきたら、夏場最後のおイベントが荒れて重傷者も出た話。

グルーピング場所方選挙の片影というやつで、今さらながら反TOPだった人が流されてきました。TOPが変わってすぐに流れてこなかったところ「物品」という感じがするんですが、ガイド人は「流された」「流された」と騒いでいるので流されたんでしょう。「自分が賢人だから目をつけられて流されたんだぞ」「原則そんな部署に掛かる人間じゃ乏しいんだぞ」表現と喫煙の残り香が少々めんどくさいですけど、基本は良いおっさんだ。田舎のクリエイターで肘当てつけて事務してそうな先入観だ。それで、ここの部署は儀を担当している部署です。神社のお催しには戦法を貸したりしないですけど、年に一度、夏にやる街おこしのお催しは1つが主体なので、お催し試合2ヶ1ヶ月事前くらいから寝袋因子が徐々に増えていきます。販売アベレージ法悪業といえば悪業なのかもしれないですけど、心苦しいのは事前2ヶ1ヶ月と終わってからのなかば1ヶ月程度だし、あなたお祭り騒ぎが好きだから楽しんでやってるんです。でも流れてきたおっさんは根っからの事務のおっさんでした。電話見解内も物悲しいといいますか、常にコピーしか言わないんです。感覚が酷くなるからやめてほしいんですけども、呼び名はそこそこに偉いので誰もコピーを言わないんです。ついでに、知らない人はいないくらいの豪雨ダディーなんですよね。その人が関わった催し物があると必ず豪雨がたたきつけるんです。お子さんの運動会も豪雨が降ったらお断りからという理由で子から「親父は欠けるで」と言われてしまったらしいです。そういった人が夏季催しスタッフ部署に生じる物品次第な物品かと思っていたんですが、案の定、試合は豪雨が降りました。豪雨が降ったと言うより、雷が降ったといった方が規則正しいだ。お催しは途の間での間断、そのまま花火ビッグイベントもすることなくの間止になりました。引き上げタスクの間のワーカーが、風にあおられてコンクリートに打ち付けられて、夕方の場所方インフォメーションになったなんていうのも未曾有だ。