苦労もあったけど子供達は私の誇りで天命が凄まじく楽しみです

うちはマミーだけの持ち家の乳児2人なので抵抗期の時はハードでした。
こんな時はダディがいたらどんな風に叱るのだろうとか色々と考えた時もありましたが、最終的にはあたしが規則正しいとおもう叱り方をしていました。
マキシマム困難時は長男が思春期の時間でした。酷い事をした時や腹黒い言葉を使った時は、体を張って叱りました。乳幼児が小さな頃はもちろんですが、こんなに大きくなっても育児とはスタミナがおるもんだと痛感させられました。
今はハイスクールになった長男とその時と事を話したり過去の笑い話のようになっています。
そんな時はあのところは精神的にも肉体的にも大変だったけど体を張って育児をして罪はなかったと思っています。
次男は小学生の2年いのちから野球をしていて、周りの乳幼児はダディに連れられて特訓に参加する中で1人だけマミーのあたしに連れられて6年いのちまでの5年スパンがんばりました。
特訓がないお日様も壁紙見通しをしたり近くのバッティングセンターに通ったりとコツコツと特訓を積み上げて、中教え子になった今では60呼称はいる会員の中で毎回主力入りで4番打者になるほどに成長しました。
シングルマザーの家庭でここまで望ましい乳幼児に育ってくれて乳児2人とも私の自慢だ。
男子は独立すると一緒に行動する機会も短くなるのでそれまでに色んなとこへ旅へ行ったりといっぱいメモを作ろうと思います。闇金についての相談したい