跡継ぎの彼女が奥様にいらっしゃるまでの切歯扼腕と不安について

私の奥様は一人っ子でした、そして早くに父母を亡くした主人はおじいさんから受け継いだマイホーム、グラウンド、我が家などを相続して管理していました。
こんな主人と自身は嫁入りを前提に付き合っていて、主人もそれを了承してくれていました。
しかし具体的な話になってきたまま妨害が色々と起きます。
お墓の経営はどうするるのか、マイホームの経営は、我が家の経営は。主人の親族は誰も近くにはいません。
そちらなので遠方の私のところへ嫁ぐのはとても大変なことだったのです。
主人も私もいっぱい話し合いましたがすばらしい問題解決企ては見当たりませんでした。
そのうち主人の方から、やっぱり嫁入りはできない。こういう住所、グラウンドを降りることは出来ないんだよ。と別れを報じられました。
しかし自身はそういう雑誌人の内心ではなく、周りの環境から嫁入りできないなんて到底承諾出来ない。と言いました。
主人とも好み合っていてわかれるなんてとても我慢できませんでした。
主人からそのことを言い渡されてからも自身は諦めず、問題解決企てをひたすら探しました。しかしありません。どうしても主人のおじいさんにはスミマセン要素になる。
自身はどんなに考えても無理だけど、それでもとても諦めきれないし、オススメスポットだと主人に伝えると。主人もおんなじ気持だと言ってくれました。
そして今回私の奥様となりました。遠く離れたグラウンドまで嫁いできてくれました。
お墓の経営やらマイホームの経営、我が家の経営も二人で力を合わせて完璧には出来ないものの遠方から出向いて、二人で出来る限りのことをやっています。
嫁入りとは好みだけじゃ出来ないとおっしゃることもありましたが、如何なる支障も好みという、一緒にいたいという心持ちを隔てることは出来ないのだと自身は胸を張って言いたいだ。http://xn--zckm4ds57nj5a.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です